太陽光発電の導入費用

導入費用はどれくらい?

クリーンで環境に優しい自然エネルギーがこのところ注目されています。中でも太陽光発電への関心は高く、設置している家庭が年々増加しています。それが証拠に少し歩いただけでも屋根の上に太陽光発電のモジュールを見かけることが多くなりました。それはまさに威風堂々としており、これからは我らの時代だと言わんばかりです。

太陽光発電の設置費用は?

一般の家庭では太陽光発電のシステムを導入するには、先ず太陽電池が集積されたモジュールが必要になります。それを屋根や壁に取り付けることになりますが、そのための架もなくてはならず、その分の費用も考慮に入れなくてはなりません。それから、太陽電池で造られる電気は直流電気のため、交流に変換する必要があります。この器具をパワーコンディショナと言いますが、これの設置をしなくてはなりません。その他分電盤なども必要になりますが、設定費用の平均は太陽光発電普及拡大センターによると、1KW当たり約48万円になっているという話です。これには工賃などの費用も含まれます。

補助金の活用

太陽光発電システムの設置費用は、場合によっては数百万円になる可能性もあり、決して安くはありません。一般家庭ではそれを全て余裕資金で賄うことは困難で、金策する必要があります。銀行など金融機関から貸し付けを受けることも考えなくてはならないかもしれませんが、その前に国や地方自治体が実施している補助金制度を検討すべきです。補助金の額は国の方は1KW当たりのシステム価格が55万円以下のものは1KWあたり3万円、 1KW当たりのシステム価格が 47.5万円以下のものは1KW当たり3.5万円となっています。ただし、太陽電池の公称最大出力が10KW未満の太陽光発電システム、変換効率が一定以上のものが補助金の対象となるので注意が必要です。それに加えて地方自治体の分がありますが、その額は地方により異なります。補助金の申請などはすべて設置業者が代行することもできますので、煩わしいことはありません。

尚、導入費用を1円でも安く抑えたいなら、無料一括見積もりサイトのタイナビがおすすめです。詳しくはタイナビと口コミを参照ください。