導入期間はどれくらい?

導入期間はどれくらい?

一口に発電と言ってもその種類はたくさんあります。代表的なものと言えば火力発電や原子力発電になります。それに加えて再生可能エネルギーと言われている太陽光発電、水力発電、風力発電、地熱発電、海洋発電、バイオマス発電などがあります。これだけ多くの発電方式があるにもかかわらず、日本の現状は火力と原子力が主体になっていることは否めません。ところがこの両者にはそれぞれ深刻な問題があります。火力発電は燃料を石油や石炭などが主体のため、二酸化炭素を排出し地球温暖化の温床になるという問題があり、原発には放射能漏れの恐怖があります。日本の電力のほとんどを賄っているとはいえ、リスクは大きく、その対抗策が急がれます。中でも自然エネルギーへの転換は、注目に値すべきです。

太陽光発電導入のメリット

太陽光発電を導入するには相応のコストはかかりますが、国や地方自治体の補助金制度を活用すれば少しは負担の軽減が図られます。その金額は太陽光発電量によりますが、概ね十数万円の補助になると言われています。わずかでも補助があるのはありがたいもので、できるならその制度が施行されている内に設置したいものです。また、設置すれば電気料の節約にもなるし、電気の買取もしてもらえるとあっては、早期に設置した方が費用を早く回収できるので有利と言えます。政府が定める買い取り期間は発電量によって異なりますが、それが年間10KW以上であれば、20年間、未満であれば10年間となっています。それから自家発電設備がある場合の買い取り期間は10年という定めもあります。

導入期間はどれくらい?

上記の通り余剰電力の買い取りは、半永久ではなく期間限定になっています。その期間は一般的なケースで20年になっていますが、それがある意味太陽光発電の導入期間と考えた方がいいかもしれません。しかし、それは太陽光発電システムの寿命ということではありません。設置場所や機種などにもよりますが、寿命がもっと長く持つ場合もあれば逆に短い場合もあるからです。メーカーではそれぞれ期待寿命を定めているので、設置する際は確かめた方がいいかもしれません。