太陽光発電の耐用年数

耐用年数はどれくらい?

なぜ太陽光システムを導入するのかその動機は色々です。中でも電気料を削減したいということや、売電益を得たいということが最も多くなっています。それ以外では災害時に非常用電源として利用したい、 予備電力として利用したい、 CO2排出量削減で温暖化防止に貢献したいという動機を持っている人もあります。また、遊休地の効果的な利用のためという人もいます。一方で太陽光発電システムが、どれくらいの耐用年数があるかどうかも気になるところです。それによっては折角の動機や目標が露と消えるかもしれないからです。

メーカーが言っている期待寿命

太陽光発電は太陽電池パネル、架台、電気機器などで構成されていますが、主たる太陽電池パネルの期待寿命は20年以上と言われています。それに対してパワーコンディショナーの期待寿命は10年以上となっています。但し屋外に設置するタイプのモノは故障が多く、これより寿命は短くなることが予想されます。何れの寿命はあくまでも目安であり、期間が過ぎればすぐにダメになるという物ではありません。

故障が全くないわけではない

太陽光発電システムに限らず、どんな機械や器具にも故障はつきものです。AIST 独立行政法人産業技術総合研究所の調査によると、比較的故障が少ないとされている太陽電池モジュールでも、5年以内で3割の故障が見つかっているといわれています。この割合が高いか低いかはさておいて、平素の発電量に注意し、気になる現象が確認できた場合は、すぐに点検調査をしたほうがいいかもしれません。そのためにはメンテナンスに熱心な業者を選択したいものです。

余剰電力買取可能期間との関連性

太陽光発電の魅力は余剰電力を買い取ってくれることにありますが、その期間は発電量が10KW以上だと20年間となっており、システムの期待寿命とほぼ一致します。つまり寿命が尽きるまで売電をして稼いでくれるという訳です。ただし、発電量が10KW未満の場合は買い取り期間が10年となっていますので、これだと寿命が尽きる前に買い取りは終わってしまうことになります。